不動産売買について

不動産売却の流れ

1.まずはご連絡ください

 お持ちの物件の希望売却額や、売却を考えた目的などで、ご提案する内容が変わりますので、まずは一度ご連絡いただいて、お客様とよくお話したうえで、売却額の提案、売却するタイミング等を提案させていただきます。

2.物件確認、調査、査定

 お客様よりお話のあった物件の確認をして現在の物件の状況を把握します。また現地、周辺環境等やその他物件にかかわる調査を行い、その調査データと現在の相場などを考慮して、物件の売却価格をご提案いたします。

3.不動産の売却依頼の契約

実際に売却すると決定後、当社に売却を依頼するための媒介契約を締結します。
媒介契約にはいくつか種類はありますので、価格査定や売却活動の内容をご説明後に、媒介契約書とその内容を理解した上でご契約ください。

媒介契約や売買契約にあたり分かりにくい部分等があればお気軽にご質問ください。

4.売却活動を行います

 新聞広告など各種媒体への掲載や当社ホームページへの掲載や物件を探しているお客様への紹介活動など様々な売却活動を行っていきます。

5.不動産売買契約の締結

  購入希望者が見つかりましたら、価格や引渡し条件の調整を行い、売買契約を締結いたします。
ご購入を希望された方は、まず必要書類を当社にご提出いただきます。その後、代金の支払方法や物件の引渡し時期、付帯設備の確認など契約のための条件を調整します。
 売主様、買主様の間で、不動産のご売却価格および諸条件を調整します。
すべての条件が整いましたら不動産売買契約を結びます。 

6.残代金の決済、お引渡し

 いよいよ物件の残代金決済・お引渡しです。残代金の授受・鍵の引渡しを行い、当日中に法務局に所有権移転登記等の申請を行います。 残代金の受領と鍵の引渡しは、原則的に同時に行います。

売却物件に住宅ローンが残債として残っている場合は決済し、抵当権を抹消しておかなくてはなりません。抵当権抹消の手続きは司法書士へ依頼します。

不動産購入の流れ

1.まずは情報収集をして計画を立てる

今現在の住宅の状況を把握して、ライフスタイルや次に住みたいお家への希望など条件を整理しましょう。
また希望のエリアでの相場や特徴などの情報収集もポイントです。
お客様のご希望エリアの情報を探してご紹介いたします。
気に入った物件は実際に物件見学することも可能です。

2.資金計画を立てましょう

物件見学の前にご購入時にかかる費用(諸費用の内訳・税金等)についてご説明いたします。
不動産の購入には物件価格だけではなく、仲介物件を購入する際の仲介手数料や登記費用等の諸経費がかかります。また購入後の引越し費用なども見込んでおく必要があります。
必要費用をご理解いただいた上で、当社からのご提案やお客様のご不明な点などをご相談させていただきます。

3.物件見学

気になる物件を見つけたら実際に現地へ物件見学に行きましょう。実際の物件を自分の目で見ることで資料だけでは分からなかった情報があると思います。弊社では物件を見て頂いてからの購入をお勧めしています。お気軽に見学希望をお伝えください。

4.不動産売買の契約をします

購入したい物件が決まれば次は実際に契約するための書類等を用意いたします。売主様と契約条件を調整・確認してから売買契約というの流れになります。また売買契約に先立って「重要事項説明」をご説明いたします。こちらも専門用語など難しい言葉が多いのですが、専門用語をなるべく使わないよう、分かりやすくご説明いたします。ご不明な点などあればお気軽にご質問ください。重要事項説明書の内容を十分に理解した上でご契約いただきます。

5.住宅ローン申込&残金決済

契約後は住宅ローンの種類や申し込む方法についてご説明いたします。住宅ローン利用希望をされる方は、売買契約後に金融機関に借入れの申込を行います。住宅ローンにはいろいろな種類がありますので、分かりやすくご説明して、お客様に合ったローンプランをご提案いたします。ローンの承認がおりたら、いよいよ残代金の支払いと物件の引渡しいたします。売主様と調整し、残代金決済日を決めます。残代金の決済と同時に物件の鍵の引渡しを行い契約の終了となります。

[BACK]